具体的な条件を検討しよう


お部屋を探すときに一番重要なポイントは 『自分の希望を整理する』ということなのです。
部屋の間取りや地域、予算や引越の時期などについて、具体的にしましょう・・・

希望も定まらず漠然と探すと、部屋探しはとても難しくなります。
実際に物件を見ても決め手がわからないからです。
条件を具体的にすることが、お部屋探しの第一歩です。

家賃相場を調べてみよう


一番重要なのは『予算』ではないでしょうか。
予算にあった条件を、自分なりに設定することがとても大切です。

地域ごとに家賃相場は異なります。
また、同じ地域でも人気の地域とそうでない地域ではそれなりの差がつくものです。

相場と希望が大きく離れたお部屋探しは、かなり無理があります。
例えば、探している地域の希望間取りで相場が5万円なのに、3万円の希望で探しても見つかりません。
まずは家賃相場を見て、自分の希望を固めておきましょう。

足利の家賃相場へLinkIcon

マンションかアパートか一戸建てか


マンションとは一般的にコンクリート構造で3階建て以上の物件です。
アパート(ハイツ)は木造や軽量鉄骨構造で、主に2階建てまでの物件です。

同じ間取りで比べると、マンションよりもアパートのほうが家賃は2割程度安くなります。
また、マンションは共益費や駐車場は別途かかるのが普通ですが、アパートの場合は家賃に含まれているケースが多くなってきました。

住み心地については、防音性や断熱性能などは一般的にマンション物件のほうが優れていると考える方が多いと思いますが、実は最近のアパートはとても優れています。
比較的新しい建築のアパート(ハイツ)は、それらの性能も設備もマンションを上回り、快適に過ごすことができるようになっています。
マンションにこだわらず、アパートや一戸建てに目を向けると思わぬ出会いがあると思います。

一戸建てタイプも、予算に応じてオススメです。
小さなお子様がいる場合など、周囲に気を使うことも多いでしょう。
一戸建ての注意点もありますが、メリットも大きいと言えます。

間取りについて考えてみよう


どんな間取りを希望しているのか・・・・
自分が今住んでいる部屋や、友人の家などを参考に考えてみてください。

まずは風通しや部屋の向き、必要な部屋の数などを検討してみます。
自分の家財道具の量によっても異なりますが、予算があれば『大は小を兼ねる』ものです。
一部屋余分にあれば、『巨大なウォークインクローゼット』ができたのと同じですね。
その他、自分のイメージする生活を検討して、予算とともに可能な間取りを考えておくことが重要です。

賃貸情報誌やインターネット


現在、様々な広告媒体でお部屋の情報が溢れています。
今の主力は「インターネット」です。
さくら屋では、「SUUMO(スーモ)」「CHINTAI」「エイブル」「HOME’S」などの大手ポータルサイトに掲載しています。
これらのスマートフォンサイトでのお部屋探しも、主力になりつつありますね。

ですが、実は検索できる情報がすべてではありません。
取扱物件がすべて検索できるわけではないのです。
店頭でしかご紹介できない物件もあります。

また、検索は条件設定にドライです。
設定した条件に当てはまる物しか表示されないので、曖昧な部分などは考慮されないのです。
そのため、検索結果だけで判断することはよくありません。

効率のよい探し方をするには、電話やメールで問い合わせたあとに、実際に足を運ぶことが重要です。

都会と田舎の違い


インターネットで簡単に情報が手に入れられる今、様々な話を耳にすると思います。
賃貸物件対策のようなホームページもいろいろ存在します。
しかし、それを鵜呑みにしないでください。

都会の業者と田舎の業者は、やり方が大きく異なるのも事実です。

都会では一般的に、申し込みの際に金銭を支払うことがあるようです。
ですが、よくある申込金や手付金などのシステムは、この地域ではありません。

さらに、部屋を見る前に見切りで契約することもありません。
実際にお部屋を見ていただき、確認をしてもらってから申し込み・契約という段取りです。
地域性の違いがありますので、お悩みの場合はおたずねください。

下見の際に気をつけること


この段階では、実際に部屋を見に行きます。
今まで考えてきたことが重要です。

1日に下見ができる限度は3〜5件と考えてください。
それ以上の件数を見ても、印象に残らないばかりか混乱してしまいます。
複数の業者を一気に回り、いろいろな物件を見ることもひとつの手ですが・・・オススメしません。

店頭で物件資料を見たときに、担当者と相談をした上で見に行く物件を絞りましょう。
また、下見の際に有効なツールは『デジカメ』や『ビデオカメラ』です。これらがあると、帰宅してから検討する際に便利です。

物件の下見は、担当の営業と一緒に行います。
わからないことがあればその場で聞きましょう。
特にリフォーム前の部屋を見る場合、どの程度の修繕を行うのか、きちんと確認することが重要です。

下見には時間がかかります。
時間には十分な余裕を持って出かけましょう。
具体的には、5件ほど見て回った場合、最低2時間はかかると思ってください。
日没になると下見は困難になります。日没前にすべての物件を見終わる時間帯に設定しましょう。

退去前物件の場合


契約には退去予告というものがあり、通常は退去1ヶ月前に予告が入ります。
その時点で募集を開始するため、タイミングによっては入居中で中を見られないということが出てきます。

都会の業者では、理由を付けて下見ができなくても契約や申し込みをさせる場合もあるようですが、この地域は違います。

退去するまでは『予約』という扱いになります。
そして、退去後に改めて内見をしてもらう形をとっています。
もちろん、予約にあたっての申込金などは一切不要です。

予約は一度来社していただく必要がありますので何度か足を運んでいただくことになりますが、手続きの流れがしっかりしますので安心していただけると思います。

周辺環境のチェック


部屋の周囲の環境は、やはり重要です。
自分が気になっている点、求めている点は、正直に担当者に告げてください。

また、都会と違って公共交通網の整備がされていません。
電車やバスを利用するという考えは、この地域では重要な要素ではないのです。
すべて、基本的に車での移動が必要と考えてください。

極端な話ですが、コンビニエンスストアに行くのも車が無いと不便です。
ですので『駅から徒歩何分』という条件は、あまり意味が無いでしょう。
駅前や駅からの距離で探さず、物件重視で探してみてはいかがでしょうか。

部屋のチェック


実際に部屋を見たときに注意する点がいくつかあります。
もちろん、担当者はそのあたりを考慮して説明をします。

また、図面と実際の印象が異なることは比較的よくあります。
広さは必ず自分自身で確かめるようにしてください。
ドアや設備の状態のなど、気になる点はよくチェックしましょう。

実際に見た部屋をそのまま借りるわけですから、チェックは大切です。

下見が終わったら・・・


下見をして気に入った物件があれば、次は入居申し込みです。
そのためには、ひとつに絞らなくてはなりません。

部屋の状況によって入居が可能な時期が異なります。
自分が住みたい時期と可能な時期、それが一致しなくては住むことができません。
それらも考慮に入れて、部屋を決めましょう。

現在住んでいる物件が賃貸であれば、その退去時期も考慮に入れる必要があります。
それらの内容は、遠慮なく担当者に相談してください。
可能なこと、また不可能なことはそれぞれ出てきます。
すべて希望通りとはなかなか難しいこともあります。
その中で、妥協できる点とできない点をリストアップして決めることが大切です。

入居申し込み


部屋を決めたら次は入居申し込みです。
所定の『入居申込書』に記載をしていただきます。

また、 入居申し込みに当たっては『連帯保証人』が必要です。
原則として、定職に就いている親族の方(通常は両親)になっていただいています。
特別な理由が無い限り、知人や友人、上司の方などが連帯保証人になることはできないと思ってください。

連帯保証人がご用意できない方には、「保証人代行システム」の利用もできます。
ケースバイケースでの対応となりますのでご相談下さい。

入居申込書は必ず自署捺印が必要となります。また、本人確認の書類として『免許証のコピー』を頂いております。さらに連帯保証人の方には実印での捺印と印鑑証明書の提出が必要となっています。
物件によっては、所得証明書や住民票の提出が必要な場合もありますので、ご了承ください。

入居審査


入居申し込みを行っても、すぐに住めるわけではありません。
申込書を頂いた後に入居審査があります。
勤務先や連帯保証人など、いろいろな面からトータルで審査を行います。

入居審査は3日程度かかるのが普通です。
実際に勤務先にお電話したり、連帯保証人の方の勤務先やご自宅にお電話させていただいて確認を取らせていただくことも審査の一つになります。

また、残念ながら審査に落ちてしまった場合は、契約することはできません。
その場合、審査に通らなかった理由については、一切申し上げることができませんのでご了承ください。

入居申し込みは契約ではない


たまにいらっしゃいますが、入居申し込みを契約だと勘違いされることがあります。

入居申込書には自署捺印がされ、連帯保証人の自署捺印まで必要なために、勘違いが出てしまうようです。
しかし、入居申し込みはあくまでも『入居の意思』を確認するだけの書類です。

したがって、入居申し込み後にキャンセルすることもできますが、この段階でのキャンセルはよほどのことが無い限りは避けてください。
申し込みがあれば入居にむけて書類の作成や部屋のリフォームなどの最終手配に入ります。

入居申し込み後のキャンセルは、その理由やタイミングによっては生じた費用の請求をさせていただかなくてはならない場合もあります。
くれぐれも慎重に検討した後に申し込みを行ってください。

契約、契約書のチェック


契約時に確認していただく書類は2種類あります。
『重要事項説明書』と『賃貸借契約書』です。
入居審査に通過すると、それらの書類を作成いたします。
(別途駐車場契約書などや火災保険申込書などもあります)

契約については、実際に当日、連帯保証人の方と一緒にご来社いただける場合は問題ありません。
ですが、遠方にお住まいの場合など、保証人の方まで一緒にご来社するのは難しいことが多いです。
そのため、あらかじめ書類をお渡しした上で署名捺印をいただき、その後すべての書類をお持ちいただいた際に説明を行うという方法を取らせていただいております。
書面がお手元に届きましたら内容を確認していただき、疑問な点があった場合はお電話等でご質問ください。
契約期間や物件名、申し込んだお部屋の番号など、間違いが無いかも確認が必要です。

さらに、面倒でも禁止事項や条文などをきちんとチェックしてください。
内容については必ずお読みいただき、後に疑問点が出ないようにしてください。
契約書には様々な事項が記載されています。
理解をきちんとしておかないと、入居後に困ることもあるかもしれません。
入居中の注意事項、退去時の負担事項、退去予告の時期などは、確実に理解をしてください。
契約内容は重要です。

契約時の費用について


契約する際には、契約に伴う費用が現金で必要です。
分割や後払いはご遠慮いただいております。

費用についての明細は、当社の場合は契約書とともに明細書を同封しています。
そこに記載されている金額を契約日当日に書類とともにお持ちいただくことになります。

契約時に必要なお金は、おおむね以下のとおりです。
・敷金
・礼金
・仲介手数料
・入居日までの日割り家賃(当月分)
・前家賃1か月分(翌月分)
・家財保険料
その他、保証会社の利用や鍵交換費用などがかかる場合があります。

電気・ガス・水道などの手続き


電気と水道は、原則として入居日に開通されるようにこちらで手配をしています。
ですので基本的にお客様の手続きは不要です。
(物件によって異なることもあります)

しかし、ガスの開通は入居者の方がご自分で手配しなくてはいけません。
ガス会社に連絡したうえで、手続きの日時を決める形です。。
ガスの開通には、契約者本人の立会いが必要です。
立会いができない場合は、開通ができません。
また、ガステーブルなどの器具の設置が無い場合も開通できませんので、準備をしてから行ってください。

公共料金の支払いについては、直接各会社と手続きを行ってください。

足利市のアパマン賃貸不動産物件、テナント賃貸物件情報

不動産のご相談は無料です

空室募集のご依頼
賃貸経営のご相談
転勤時などの自宅管理
遊休地の活用
相続対策のお悩み

LinkIcon不動産のご相談

借りたいくん
家電・家具レンタルサービスもご用意!

電話番号0284-21-2345、FAX0284-21-3188、メールアドレス